読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazuyoshi-sakamoto3000の日記

じゃらん旅行記・旅行・社寺巡り・古墳調査など

【俊徳丸鏡塚】(しゅんとくまるかがみづか):大阪府八尾市

【俊徳丸鏡塚】(しゅんとくまるかがみづか) 所在地:八尾市服部川8丁目 最寄駅:近鉄信貴線服部川」下車、山手の方へ約10分 この地は謡曲弱法師、浄瑠璃摂州合邦ケ辻で名高い俊徳丸しゅんとくまるの故地で有名である。物語りはこの高安の里の信吉長者のぶよしちょうじゃの子であった俊徳丸しゅんとくまるが、継母に呪われて失明し、四天王寺の境内で物乞いの生活をする身となった。ところが以前、四天王寺舞楽堂をつとめた俊徳丸を見そめて恋仲となった同じ里の蔭山長者かげやまちょうじゃの姪がこれを聞いて観音に祈願したところ病はなおり、二人は晴れて夫婦になったという。しかしこの塚は、横穴式石室をもつ六世紀の古墳であり、実川延若寄進の線香台がある。

 

www.jalan.net